ソフトウェア長期保守のための仮想化環境について

こんにちは。福岡事務所の石橋です。

ソフトウェア開発では、OSのサポート期限が切れても長期保守が求められる場合があります。
(業務用ソフトウェアが想定よりはるかに長い期間使われるのは、よくある事です)

このような場合、例えばWindows XPやWindows 7(2020年1月にサポート期限が切れます)の開発環境を残しておく必要が出てきますが、サポート期限の切れたOSはセキュリティパッチが提供されなくなるため、インターネットに接続するのは危険です。また、古いPCを開発環境として残しておいても、故障などでそれが失われてしまうリスクがあります。


そこで重宝するのが、仮想化環境です。
仮想化環境とは、簡単に説明すると「ホストOS上で(仮想的な)別のゲストOSを動作させる」ものです。
例えば、Windows 10(ホストOS)上でWindows 7やWindows XP(ゲストOS)を動かすことができます。

Windows 7(Professional版以上のみ)では、「Windows XP Mode」という仮想化環境が無償で提供されていました。これはWindows XPのライセンスを含んでいて、初めからXPインストール済みの状態で利用できます。

一方、Windows 8/8.1/10(Pro版以上のみ)については、「Hyper-V」という仮想化環境が無償で提供されていますが、ゲストOS及びそのライセンスは同梱されていません。ゲストOSのライセンスと、OSインストール作業が別途必要です。
また、PCに付属のWindows(OEMライセンス)は他のPCで使うことができません。
古いWindowsは入手が難しくなるため、あらかじめ確保しておくことが大切です。


ソフトウェア開発は、リリースや検収までで完了ではなく、その後には保守があります。
保守契約が有効な間は開発環境も残っているものですが、お客様の要望により、保守期間満了後も改修や不具合対応が必要になるパターンが意外と発生します。
あらかじめ仮想化環境を活用して備えておくことで、こういった場合に困らない体制を作ることが可能です。
皆さまもこの機会に、仮想化環境の構築を試してみてはいかがでしょうか?

コメント

このブログの人気の投稿

AWSの消し忘れ

ASD、ブログはじめるってよ。

サーバの中の魔法のランプ